お風呂の水漏れの原因と対処法

大量のお湯や水を使うお風呂は水漏れしやすく、どの箇所から水漏れしたかによって対処法は異なります。ケース別の対処法を覚えておけば、いざというときに戸惑うことはなくなります。特に注意しないといけないのは、床や壁から水漏れをしている場合です。緊急性の高いトラブルは、放っておくことなく早めの対処を心がけましょう。

■自分で対応できる箇所

蛇口から水漏れをしている場合はパッキンの交換で対応できる場合もあります。浴槽の排水口から水漏れしている場合はゴム栓の劣化が多くの場合の原因です。天井から水が垂れる場合は、換気扇で結露が発生している可能性が高いため、溜まった水をふき取ることで改善が見込めます。給湯器、浴槽、床や壁といった箇所の水漏れに関しては、まず業者に確認してもらいましょう。


■分解作業が必要な場合は要注意

お風呂の水漏れで分解作業を要する場合は、専用の工具や知識が必要になってきます。また、補修の効果が一時的なものにしかならない場合も少なくありません。浴室のリフォームを検討することも視野に入れなければならない場合も考えられます。水漏れは水道代に影響する場合がありますので、放置することなく、適切な対処を行うようにしましょう。



■まとめ
お風呂の水漏れの原因と対処法はそう難しくはありません。しかし、自力で対処できるかどうかの問題はあります。簡単な部品の交換や掃除によって解決する場合もありますが、素人目ではその判断は難しい場合があるため、必要に応じて業者に確認してもらうべきです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ