洗面台の水漏れの原因と対処法

洗面台の水漏れはまずどの箇所であるかを突き止めて止水栓を閉めないといけません。放置してしまうと、カビや悪臭の原因にもなります。できるだけ早く適切な対処を行うためには、まず何をしないといけないかを把握すべきです。原因を確認したうえで事前の準備を行い、自分で対応できるかを確認すれば問題ありません。

■原因の確認と事前の準備について

洗面台の水漏れトラブルが起きやすい箇所としては、まず蛇口本体が挙げられます。また、排水パイプのつなぎ目など、連結部分から漏れるトラブルも見られます。手で触って水が湿っている場所を突き止めることが肝心です。事前の準備としては止水栓を閉めて水の使用を控えることを意識します。水漏れ被害の拡大を防いで対応していきましょう。


■排水管の水漏れが最も厄介

部品の劣化は交換、詰まりの場合は詰まりを取り除く、接合部の緩みは締め直すといった対処で解決します。必要な道具を用意しなければならないものの、専門業者に依頼せずとも対処をすることが可能です。しかし、自身で対応する場合、被害を広げないよう十分に注意しなければなりませんので、基本的に自信がなければ自身での対処は避けるべきです。排水管の水漏れは市販のワイヤーで対応することが難しいため、自力で修理をすることはおすすめできません。


■まとめ
洗面台の水漏れは簡単な修理なら自分で対応することが可能です。原因を特定しても自分で対応するのが難しい場合は、専門業者に頼った方が良いでしょう。事前の準備でこれ以上被害が拡大しないことを第一としましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ